こだわり


耳納山麓の清水 よい酒は水縄の水から

筑後川の中流に位置する田主丸。その背後に そびえる耳納連山から田主丸の水は、豊富に 湧き出します。
その水質の良さとゆたかさは、町の家庭のす べてが、湧出する天然水を使っているという 事実からもわかります。
その中でも、若竹屋が特にこだわり使用して いるのが、水縄水系の水。 山の名と同じ音を持つ水縄の水は、良質のミネラル分が豊富で、常にゆたかな水量を保ち、 よい酒造りに向いた性質を備えています。 若竹屋の酒がひろく愛されている埋由。その ひとつがこの水にあります。

「若竹屋は先祖より受継ぎし商いにあらず。子孫より預かりしものなり。」
若竹屋の家訓のひとつはこう伝えています。

水は酒質を左右するとても大切なもの。
だから私たちは水を守ることも使命の一つと考えます。
それが、私たちの子孫へ「預かり物を返す」という事の一つと思います。


若竹屋でしかつくれない米と酒

妥協せず、納得のいく酒を造る。それを究極 の目的とする若竹屋では田主丸の地で山田錦 を栽培することから始めました。高地を好む 米の性質に、耳納連山のふもとという立地条件は最適。若竹屋でしか作れない米が、いい酒造りを支えます。

契約栽培の酒米・山田錦

▲TOPPAGE

copyright(C)1999
Hao Chang all rights reserved.
www.wakatakeya.com